■ホロスコープ鑑定知識集■
風水占いによる「しあわせになれる場所」
開運マップ〜あなただけのパワースポット〜
 


TOPページ 開運マップ ホロスコープ鑑定 料金・お申し込み
講座・講師依頼 占星術教材 通信教育 よくある質問

未来予測法

プログレッションから基本的な意識の変化と、そこから生じる現象をとらえる。

  太陽と月を中心に判断・・・1日1年法

プログレス法にもいろいろありますが、一番ポピュラーなのはやはり「一日一年法」と呼ばれているものです。
出生図をベースにして、まず最初に太陽のプログレッション(進行)を見ていく。
これは、その人が人生の中で自己確立していく上での基本的な精神性を示します。基本的な精神性は、自我の確立に当たってその人が必要とする性格的側面の事で、いわゆるアイデンティティーと言える。ここで生命力の性質や強弱も判断可能。

プログレッションで、1日1年法を採用する場合は、太陽の進行度数は1年で約1度なので、順次サビアンの度数の影響を受けて行くと解釈してよい。
そして約30年で次のサイン(星座、宮)に入って行くが、サインが変わったときには、人生上の何らかの転換を迎えることが多い。移ったサインの特徴が出るかどうかは、進行チャート全体の特徴を判断すること。
月のプログレッションと組み合わせて判断していくと全体像がわかってきます。出生図の太陽は、基本的なアイデンティティーである。ただ、人間は変化成長するので出生図を単純に読むだけでは、正確な判断は難しい。
出生図の太陽を客観的に広い視点をもって見て行くとよいだろう。進行の太陽のサインの変化は、心理的な変化に通じている。
太陽のプログレッションが他の惑星とアスペクトを作る場合は、その効力は最大1年程。太陽の進行サビアンも同様で約1年間とみる。

そして、太陽のプログレッションに重ねあわせて、月のプログレッションを見る。
太陽の進行は深い意識の基本的な興味の対象を示す、骨格的なものであるのに対し、月の進行は、具体的で日常的に働く意識を示す。つまり、太陽の進行が示す基本的な物事を、より具体的に方向付けするのである。太陽や月が同じサインや室を進行している時は、そのサインや室の意味は強められる。
また、室やサインが異なる場合、太陽意識の成長方向がどの分野であるかを見極めることが出来る。位置と性質が異なる場合は、意識の方向性はより多様に変化していく。
太陽と月の配置によって、意識や生活状況の安定度をはかることも出来る。太陽と月の進行の状況が同じ様な場合は、強力に作用し、相反する場合は、内面に矛盾を抱えるので、心理的にも現実的にも苦しい時期となることが多い。

■他の惑星のプログレッション
水星や金星、火星をみる。
木星から外側の惑星は動きが遅いので、1日1年法のディレクションはあまり使用しない。ただ、外側の惑星でも、進行している土星や天王星などが、ネータルの惑星と合になる場合は、動きが遅い分、長期に影響を与える事がある。外側の惑星の場合は合だけを考慮すればいいだろう。水星、金星、火星の進行も基本的には合だけをみればよい。
他の惑星の進行は、太陽と月の進行を補完する。単独で現象を引き起こす事は少ない。

■ASCとMCのプログレッション(1日1年法)
ASCとMCの進行のさせ方にはいくつかの種類がある。
占星術の本やパソコンのソフトでは様々な方法が紹介されている。書籍により進行のスタイルが異なる場合があるので、その点を注意すること。1日1年法では、半年分は恒星時では2分に相当し、3ヶ月に相当するのは約1分、30秒は大体1ヶ月と15日に相当する。
よく用いられている方式で、出生図を作成した時に用いた恒星時に進行した日にちの恒星時を足して計算されたもの。
他の方法では、進行した太陽の度数をMCに足して、そのMCの度数からASCを導き出すという方式もある。
ASCとMCの進行は太陽と月の進行の次に大きな影響がある。影響する期間は通常半年から1年間。

進行したASCは、意識の変化であり、これがサインを変わる時に、雰囲気やイメージに変化として現れる。
MCは、社会に対するイメージに変化が起きてくる。どちらもネータルの惑星に対して合だけを見て判断する。
進行したDESやICが惑星に合になるときにも強い影響がある。これも合だけを重視。
進行したDESはパートナーとの関係や自己イメージの投影の状況を表すことが多い。
進行したICは、自己の存在意識や地域的な集合意識と関係し、精神の深い部分に変化を与えることが多い。





■進行した惑星同士のディレクション

  進行法の解釈で重要なのは、出生図の惑星に対する進行惑星のディレクション。
通常あまり重視されていないが、進行している惑星同士で作るディレクションも影響する。
無視してよい場合が多いが、判断に入れておくと広い視点で観ることが出来る。
通常ディレクションは合とオポジションのみを採用する。その中でもっとも重要なのは、進行中の太陽と月が作るディレクションでの新月と満月。太陽と月の合とオポジション。
新月は、それが起きる室やサインを強調する出来事が起きやすい。
また、新しい出来事を開始することと、その具体的な内容を示す。

満月は、生命力は高めるので子供が出来やすい年齢の人には、妊娠や出産が考えられる。
どの様な子供で、楽な出産になるか難産になりやすいかなどは、出生図や進行図、またトランシットなどを総合的に判断する必要がある。

進行しているもの同士のディレクションは、他の惑星の場合も、合とオポジションを見て判断していく。
合は、惑星同士の力を強め、その進行中のサインと室を強めて刺激する。オポジションはその室とサインの両方の性質のバランスを取ったり、一方が片方の力を飲み込んだりする。
うまくバランスがとれるかどうかはチャート全体を見なくてはならない。

1日1年法のプログレッションは、通常セコンダリー・プログレッション(またはセコンダリー・ディレクション)=二次式と呼ばれている。
一次式というのは、地球の一度の回転が一年に相当すると言う考え方で、これは、1度1年法と呼ばれている。
一般には、あまり用いられていない方式であるが、これは、世俗的な出来事の予知には役立つものとして、占星家に用いられている。
通常、プログレッションの影響力は1度以内のアスペクトを形成した時である。
一般に、正確なアスペクトを形成した時が現象のピークといえる。

■ソーラー・アーク・ディレクションについて

1日1年法に次いでよく使用されている方式。
これは、1日1年法と基本的な考え方は同じであるが、それで導き出された太陽の進行度数は他の全ての惑星の波動に同じ様に影響を与えているという考え方。 この進行したアークを他の惑星の出生図の度数に足していく方式である。
出生図の中で、太陽系の中心的意識である太陽が進行した分だけ、他の惑星の波動の敏感点にも同じ度数だけ共鳴する反応が起き、そのポイントを増やして行くという考え方。
この方法は、計算も簡単でパソコンのソフトにも入っていることが多いので簡単にチャートの作成が出来る。


■当サイトの教材は現在製作中の為、下記の書籍をお薦めしております。
とても詳しくわかりやすい入門書です。


占星術学習のオススメ本

 [オススメ本1] ホロスコープが自分で読める 鏡リュウジ 星のワークブック
自分の運命、知りたくありませんか?心理占星術のプリンス・鏡リュウジによる初の占星術入門書 ホロスコープがすぐに作れるCD-ROMつき!

 [オススメ本2] 最新占星術入門 (エルブックスシリーズ)
占星術の仕組みの中には、宇宙的な原理を知る手掛かりが隠されている。簡略化された太陽星座占いとは異なる、本来の西洋占星術を実用的に活用できるようになるための実践マニュアル。96年刊の増補改訂版。

 [オススメ本3] 誕生日大全
366日の誕生日ごとに、占星術+数秘術を融合させた画期的な方法により本人の性格・素質、隠された自己、適性のある仕事・職場、恋愛運、友人・家族関係etc.を診断。相性占いも網羅し、あなたの恋人、友人、力になってくれる人、運命の人、敵、ソウルメイトもまるわかり。古今東西の有名人の誕生日も掲載。この1冊があれば、家庭で、職場で、学校で、パーティーや飲み会などで話題を集めること間違いなしです。

パソコンソフトのついたおススメ本

 [オススメ本4] 新版 Stargazerで体験するパソコン占星学
古来の占星学とデジタルが融合した画期的な占星術支援ソフト「Stargazer」と、その高度で素晴らしい世界をあまさず紹介した解説書のセット。占星術を的確に修得できる一冊。【対応OS】Windows XP(推奨)/2000/ME/98SE

 [オススメ本5] モダンホラリー占星術 ホロスコープ作成ソフト付き
ホロスコープの12のハウスが、あなたの悩みに答えます。恋愛・結婚・就職・進学・仕事・病気・病院選び・宝くじ・競馬・ストーカー追跡・転居…etc、人生の夢や目標から、今日の悩みや心配事まで、個別の具体的な事柄が誰にでも占える!すぐに使えるホロスコープ作成ソフト(Windows対応)付き。





■西洋占星術知識集
惑星基礎知識サイン12星座ハウス基礎知識小惑星チャート解釈
アスペクトマイナー・アスペクト未来予測法医学占星術占星学知識1占星学知識2





開運マップ〜しあわせの羅針盤〜
E-mail sizen@syokuyo.com

Copyright (C) 2010 Kaiun Map Right Reserved.

1